目元美人になろう~二重まぶたで理想の顔に変身!~

女性

理想の目を求めて

目元を触るウーマン

二重に対する憧れは、たくさんの人が抱いています。目が大きく見えることや、かわいくなれるということから、美容整形で二重にしていく人がたくさんいます。今では若い世代に特に人気があり、プチ整形の影響もあって、気軽に受けられるようになってきました。

詳しく見る

理想の顔は治療で

目元

二重になりたいと整形する場合、まぶたがかなり腫れぼったい人は、切開法でないとあまり効果が出ないことがあります。美容外科の無料カウンセリングを利用して、慎重に決めてください。選ぶ工夫をすることも大事なことです。

詳しく見る

手術の注意点と手術の種類

頬を触る女の人

美容整形で二重手術をすれば、華やかで好感度が高い二重まぶたになれます。二重の手術にはプチ整形の埋没法やメスで切開する切開法があります。それぞれでメリットとデメリットがあるので、よく調べてから手術を受けることが大事です。

詳しく見る

美容整形で人気メニュー

医療器具

美容クリニックで行なわれている二重整形は、埋没法と切開法があります。埋没法はお金を節約したい方や、瞼が薄い人におすすめの施術法です。一方の切開法は、確実に二重瞼にすることができますが、術後に元に戻せないので、慎重に美容外科クリニックを選びましょう。

詳しく見る

目元の魅力をアップ

カウンセリング

一重まぶたの解消

一重の状態だと、まぶたは腫れぼったく見えてしまいがちです。しかもまぶたの膨らみにより、目の上の部分が覆われるため、目が本来の大きさよりも小さく見えてしまうこともあります。ところが美容外科で二重整形術を受ければ、こういった問題は解消されます。二重整形術とは、文字通りまぶたを二重の状態にするための整形手術です。二重になれば、皮膚が二段に折り重なることで、まぶたの表面に露出している皮膚は少なくなります。その分腫れぼったさも少なくなりますし、目はパッチリと開くようになるのです。二重整形術には、大きく分けて埋没法と切開法の2種類があります。埋没法は、糸によってまぶたを裏側から引っ張り、二重の形になるようにくぼませるという二重整形術です。それに対して切開法は、まぶたの表面を切開することで、二重の溝を作るという方法でおこなわれています。どちらの場合も、まぶたはきれいな二重の状態になります。しかしそれぞれのメリットは、大きく異なっています。埋没法は、切開しない分手軽なので、15分ほどで施術が終わりますし、ダウンタイムも短いです。切開法は、術後の腫れや内出血が生じますが、効果は半永久的に持続することになります。

埋没法と切開法の特徴

埋没法は、昨今ではより手軽で安全性の高いものとなってきています。なぜなら、針と一体になった糸が使われるようになったからです。一昔前の埋没法では、糸はまずは針穴に通して、抜けないように折って2本にした上で、まぶたに使用されていました。ところが針と一体化になった糸なら、針穴に通したり、折って2本にしたりする必要がありません。つまりまぶたに糸を1本通すだけで済むということですから、その分負担が少ないのです。糸1本分の穴しかあかないので、穴が小さい分出血や腫れが少なく、なおかつスピーディに回復します。そして切開法も、昨今ではより効果的な方法でおこなわれるようになっています。まぶたを切開して溝を作るだけでなく、余分な皮膚が切除されるようになっているのです。さらには、まぶたの内部の皮下脂肪を除去することまで、可能となっています。余分な皮膚や皮下脂肪がなくなれば、まぶたはよりスッキリとした状態になりますし、その分目が大きく開くようになります。これにより、目元の魅力は一層アップするのです。このように、どちらの二重整形術も進化してきているのです。そのことから、施術を希望して美容外科に通う人は、ますます多くなってきています。

Copyright© 2016 目元美人になろう~二重まぶたで理想の顔に変身!~ All Rights Reserved.