目元美人になろう~二重まぶたで理想の顔に変身!~

レディー

美容整形で人気メニュー

医療器具

二重整形は美容クリニックで最も人気のあるメニューです。そのなかには、糸で何点か止めて、二重のラインを作る埋没法と呼ばれる方法があります。また、瞼にメスを入れて切開し脂肪や筋肉、皮膚といった組織の処理をすることにより、希望の二重のラインを作る全切開、小切開といった方法があります。初めて二重の整形する人は、やり直しが可能な埋没法で二重のラインを作る人が多くいます。また、気に入らない場合や似合ってないという場合に、糸を取ることで元に戻すことが可能です。ただし、気軽に行える分、瞼の状態による個人差はありますが、数年で糸が取れてしまい元の状態に戻ってしまう、ということがあります。そのため、再び埋没法を繰り返す、または最終的に切開方法を選択する必要があります。しかし、最近では永久に取れないことや、取れにくいといった持続力のある埋没法を売りにしているクリニックも多数あります。この業界では、埋没法をいかに取れにくくするか、といった工夫がされてきています。切開方法に比べて、手術時間も短く費用も安いのもあります。また、術後の腫れが少ないため、仕事を休んだり、人と会わないようにするダウンタイムが少ない、というのが魅力です。瞼が厚かったり、皮膚にたるみがある場合は、埋没法だと不自然な二重のラインに仕上がることも多いとされています。そのため、瞼の薄い人向けの方法です。

埋没法は糸で止めて二重のラインを作りますが、切開法は瞼を切開して二重のラインを作ります。厚ぼったい瞼の場合は脂肪を除去し、たるみのある場合は、皮膚を何ミリか取るということが可能なため、埋没法に比べると自然に仕上げることができます。ただし切開法は仕上がりイメージが違うと言っても、やり直しがきかないため、縫合の上手であり切開方法の実績の多い医師を選ぶことが大切です。また、手術前には担当医と十分にシミュレーションするといいでしょう。さらに、術後の腫れがものすごいため、ダウンタイムは長めに取る必要があります。そのため、長期の休みを取れる時期がおすすめです。二重のラインの仕上がりは、3ヶ月くらいで徐々に完成していきます。そのことから、1ヶ月、2ヶ月で幅が広くて、も焦らずに様子を見て待つことが大切です。切開法の費用は埋没法と比較しても高額なため、安いクリニックに行きがちです。しかし、やり直しが難しい手術のため、値段にとらわれずに経験豊富な医師のいるクリニックを選ぶようにしましょう。また、術後に何かあった場合に、きちんと対応してくれるアフターケアの充実したクリニックを選ぶことも大切です。成功すると、とても自然で綺麗な二重に仕上がります。しかし、失敗するとやり直しのために労力も費用もかかりますので、慎重に決める必要があります。

Copyright© 2016 目元美人になろう~二重まぶたで理想の顔に変身!~ All Rights Reserved.